伝統文化。この言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを抱くでしょうか?「格調高さ」や「厳かさ」「由緒正しさ」、あるいは「ちょっと難しい」と感じる人もいるかもしれません。

ポーラ伝統文化振興財団設立40周年を記念して初開催の運びとなった本展『無形にふれる』では、伝統芸能、伝統工芸、民俗芸能という3つのカテゴリーにわけ、こうした従来の「伝統文化」のイメージを一度解体したのち、デザイン的なアプローチで再構築。思想家ルドルフ・シュタイナーの「12感覚」をヒントに、今を生きる私たちの美意識を、驚きや親しみとともに呼び覚まします。

古からの型を守りながらも、時として革新的であったからこそ現代に受け継がれてきた伝統文化。みえない魅力にふれ、きこえない音に耳をすませる行為は、旅先で感覚を開いて新しいものを吸収するようなもの。旅を終えたあとには、これまでとは違う世界が広がっているでしょう。

お知らせ

展覧会概要

タイトル

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展
無形にふれる

会期

2020年1月18日(土)〜2月16日(日) 会期中無休

開館時間

11:00〜20:00

入場料

無料

会場

POLA MUSEUM ANNEX
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階

主催

公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団

企画・会場構成
本記念展は、日本の美を国内外へ発信する国家企画「日本博」の参画プロジェクトとして認証されています。

展覧会の見どころ

本展『無形にふれる』では、展示をご鑑賞していただくにあたり、それぞれの伝統文化ごとに「テーマ」を設けました。

今回、女性を中心としたクリエイターたちからなる企画班が、6つの伝統文化の継承者を取材した際に、伝統文化から感じた美しさ、おもしろさなどを切り口としてテーマを考えました。これまであまり伝統文化になじみのない若い女性たちにも楽しんでいただける構成になっています。

本展はこのテーマを軸に、それぞれの伝統文化を解体・再構築。「見る」だけでなく「体験」しながらご鑑賞いただける構成となっております。自分の中の感覚を呼び覚まして伝統文化を感じることで、これまでとは違う魅力を「体感」していただけることでしょう。

鑑賞する際のヒントとして、ルドルフ・シュタイナーが提唱する「12感覚」も手掛かりに、ご覧いただくことができます。

シュタイナーの「12感覚」とは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚という通常の「五感」に加え、熱感覚、運動感覚、平衡感覚、生命感覚、言語感覚、思考感覚、自我感覚が加わったものをいいます。これら12の感覚が互いに協力して働きあい、私たちは自分自身について、自身をとりまく世界について、より深く、細かく認識して成長してきたとシュタイナーは考えています。

本展開催にさきがけて、このページでは展示の「見どころ」を少しだけお伝えします。伝統文化の魅力の断片に触れることで、「みえないものを可視化して、きこえない音に耳をすませる」をキャッチフレーズとした本展『無形にふれる』へ足を運んでいただくきっかけとなれば幸いです。

イベント

アクセス

  • 東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口徒歩6分
  • 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口すぐ
  • JR有楽町駅 京橋口改札徒歩5分